インプラント・入れ歯

  • インプラント
  • 入れ歯

天然歯のような噛み心地を取り戻したい~インプラント~

何らかの理由で歯を失ってしまった場合、歯の機能を回復させるための補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。この補綴治療のなかでもとくに高い機能回復効果があるとして注目されているのが「インプラント治療」です。

インプラント治療とは、歯を失った箇所に生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて機能回復を図る治療法。埋め込んだ人工歯根と顎の骨が強固に結びつくことで、人工歯が安定し、まるで自分の歯のように食べものを噛むことができるようになります。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 自分の歯のような噛み心地
  • 天然歯のような自然な見た目
  • 噛む力が顎に伝わるため、顎が痩せにくい
  • ブリッジのように、周囲の健康な歯に負担をかけずに済む
  • 自費診療のため、治療費が高額
  • 外科的な手術が必要
  • お持ちの全身疾患によっては治療を受けられないケースもある

Pick Up! 最善の選択をご提案します

インプラントは歯の機能を取り戻す治療として非常にすぐれていますが、必ずしもいいことばかりではありません。当院では、メリットだけでなく、デメリットもご理解いただいたうえで、インプラントが最善の治療法であると判断したときのみ、治療をおすすめしています。

もし患者様がインプラント治療をご希望されても、さらに適した治療法がほかにある場合は、そちらを優先的におすすめさせていただきます。「適材適所」を判断することこそ、私たち歯科医師の役割。常に患者様のことを第一に考えたご提案をいたしますので、少しでも不安なことがある場合は遠慮なくご相談ください。

深野歯科医院のインプラント治療

高品質なインプラントを使用

当院がインプラント治療に用いているのは、世界的に豊富な実績があるスイス・ストローマン社製、スウェーデン・アストラテック社製、スウェーデン・ノーベルバイオケア社製、のインプラント。世界的に最も知名度が高く、なおかつ安全な、極めて高品質な治療を行えます。患者様の口腔内に合わせて、最適なインプラントをご提案させていただきます。

インプラントガイドを使用した安全・確実な治療

インプラントの治療精度を高めるため、「インプラントガイド」を用います。これは、インプラントの埋入位置を精密に指定し導くことで、治療の精度を飛躍的に高め、歯肉を切開せずに治療を行える装置。より安全で確実な治療を可能にします。

治療には最新のマイクロスコープを使用

インプラント治療は外科的な施術を含むため、高い技術と精度を必要とします。当院では、治療に最新のマイクロスコープを採用。この機器を使用することで、肉眼では確認しにくい部分も把握することができ、より正確な治療を行えます。

Pick Up! 歯を総入れ替え~フルマウスリコンストラクション~

当院では、インプラントの術前シミュレーションソフトを用いて精密な治療計画を立てたうえで治療を行います。インプラントを埋入する位置や角度、深さなどを事前に細かくシミュレーションすることで、より精度の高い治療を行うことができます。

治療方法

抜歯即時インプラント
抜歯即時インプラント 一般的なインプラント治療では、抜歯後からインプラントを埋入するまでに傷口の治癒期間として3~6ヶ月待たなければなりませんが、条件を満たせば、抜歯と同日にインプラントを埋入することが可能。また、さらに条件を満たせば仮歯も可能です。歯のない期間を過ごす必要がありません。
フラップレス手術
フラップレス手術 インプラント手術は通常、歯ぐきを切開して露出した顎の骨に穴を開ける手術が必要ですが、フラップレス手術なら、その必要はありません。事前の精密なシミュレーションで的確な位置に埋入するためのプレートを製作することで、歯肉切開をせずに正確な埋入が可能になります。
サイナスリフト/ソケットリフト
サイナスリフト/ソケットリフト 顎の骨量が足りず、そのままでは手術が行えない場合に行う補助的な治療です。上顎の骨にある空洞に代用骨となる材料を入れ、十分な骨が確保されたところでインプラントを埋入します。サイナスリフトは歯を失った箇所の側面・歯ぐきから施術するのに対し、ソケットリフトは失った箇所に直接施術します。そのため、ソケットリフトのほうが少ない傷口で治療可能です。
GBR法(骨誘導再生)
GBR法(骨誘導再生) インプラントを埋入する箇所の顎の骨に厚みが足りず、そのままでは手術が行えない場合に行う補助的な治療。骨が足りない箇所にメンブレンという特殊な膜を張り、骨補填材を注入することで、骨の再生を促し、骨量を確保します。

Pick Up! メインテナンスが重要です

インプラントを埋入したあとは、定期的なメインテナンスを忘れてはいけません。長い間放置すれば、インプラントの周りが炎症を起こす「インプラント歯周炎」を発症してしまうことがあります。この病気が進行してしまうと、顎の骨が溶かされ、最悪の場合、埋入したインプラントが抜け落ちてしまうこともあるのです。当院では、インプラントのメインテナンスも承っています。術後は定期的にご相談いただくことをおすすめします。

痛くない快適な入れ歯を~入れ歯治療~

「つけていると痛い」「見た目が悪い」「うまく噛めない」「しゃべりにくい」

今お使いの入れ歯にこのようなお悩みはありませんか? 歯の機能を回復させるための入れ歯ですから、せっかくなら快適に使いたいもの。堺市西区の深野歯科医院では、患者様一人ひとりのお口に合わせた快適な入れ歯をご提供します。当院では、入れ歯の調整や修理も承っています。今お使いの入れ歯に不満をお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

入れ歯のメリット

入れ歯というと、上記のお悩みにもあるように、付け心地や見た目が悪いといった印象をお持ちの方も多いかと思います。しかし、一方でたくさんのメリットもあります。

残っている歯を削る必要がない

ブリッジによる治療を行う場合、残っている健康な歯を削る必要がありますが、入れ歯なら、健康な歯をまったく削ることなく治療を行えます。

外科的手術が不要

インプラント治療は、歯肉を切開するなど外科的な手術を必要とするため、不安に感じていらっしゃる方も多いかもしれません。当院はそのようなことはありませんが、実際に技術に不安のある医師が手術を行っていることもあります。しかし、入れ歯治療ならその心配は無用。手術の必要がないため、安心して治療に臨めます。

多くの方に対応可能

例えば、ブリッジ治療は、健康な歯を支えにして人工歯を装着するため、歯がすべてなくなってしまった方には適用できません。また、インプラント治療は、顎の骨が足りない場合などに治療が困難になります。入れ歯なら、こうした場合でもまったく問題ありません。

自分でメインテナンスが可能

ブリッジやインプラントの場合、メインテナンスをしようとしても、自分で取り外して洗うことはできないため、その都度歯科医院へ行く必要があります。入れ歯なら、自分で取り外して洗浄・消毒をすることができますから、いつでも清潔な状態を保つことが可能です。

修理対応が比較的容易

入れ歯は、万が一、作ったときからさらに歯を失ってしまった場合も修理で対応することができます。そのため、将来、お口の状態が変化していったとしても、比較的簡単に、かつ安価で対応することが可能です。

当院取扱の入れ歯

ゴールド床
入れ歯の基礎部分「床(しょう)」の部分が金でできた入れ歯です。金は、精密な加工がしやすく、かつ身体にもやさしい素材。また、腐食による変色もないため、見た目の美しさも維持できます。
コバルトクロム床
保険適用の入れ歯は「床」が厚くなってしまい、食べものの温度が伝わりにくかったり、付け心地が悪かったりするデメリットがあります。しかし、コバルトクロム床なら、保険適用入れ歯の約1/3の薄さで製作できるため、快適な付け心地を実現できます。

このページの先頭へ